投資するなら海外不動産で決まり|急成長が見込める物件を知ろう

貯金箱

どんな仕組みか知っておく

男の人

賃貸契約を探したことがある人なら誰でも聞いたことや見たことがあるのが家賃保証です。基本的に賃貸契約は、名義人と別に保証人をつけるのに、さらに家賃保証をつけなくてはなりません。いったいどういう内容なのか調べていきましょう。この家賃保証というものの仕組みは借主から手数料をとることにより、家賃の連帯保証を提供しています。もし、借主が家賃の滞納した時には賃主に立て替えて払ってくれるのです。その後、借主に請求するといった内容で、もし明け渡し訴訟になった場合はその費用もこの家賃保証が負担する仕組みになっています。それには、残置物の撤去や原状回復の費用も含まれているのです。このように、家賃保証の仕組みは主に賃主にメリットがある契約になります。また、借主側のメリットとしては、もし賃貸契約する際に連帯保証人が立てられなかった場合や、現在の仕事が信用の薄いものだった時でも、家賃保証を利用すれば借りられることがあるというところです。そのため、世の中の多くの借主はこの家賃保証によって、賃貸できる物件の選択肢が広がっています。この家賃保証を義務付けられている賃貸物件では、基本的に賃主が指定した会社と契約することが多いですが、契約内容はきちんと確認することが大事になります。この家賃保証は規制する法律が存在しないため、内容の確認は必須になるのです。賃主と借主がともに損をしないような内容を提案してくれる家賃保証会社を選びましょう。